bejitahage

ハゲって言っても大きく別けて2種類のハゲ方がある。知っている人もいるだろうがM字ハゲとO型ハゲだ。

色々な名前で呼ばれているんだけど、一般的にはM字かO型って言われていますね。

M字ハゲ
別名:(剃りこみハゲ、生え際ハゲ、でこハゲ、ベジータ系ハゲ、M型ハゲ)

O型ハゲ
別名:(てっぺんハゲ、つむじハゲ、頭頂部ハゲ、ザビエル系ハゲ)

といった具合にハゲはけっこーイジラレルから色んな呼び方があるんですよ・・・ちなみに管理人はO型ハゲです。基本的に日本人に多いのはO型ハゲって言われています。そして、欧米系がM字ハゲが多いみたいです。

どのみちハゲたら一緒って思うかもしれないですけど、O型ハゲの管理人からしてみたらM字ハゲはかなり羨ましかったです。だって、M字ハゲはハゲの中でも一番カッコイイとされているハゲ方なんですもん。たぶん、僕の同じような考えの人は多いと思います。

神様にハゲ方を選ばせてもらえるなら間違いなく「M字型でお願いします。」って言うでしょうね。
ハゲってハゲ方も選ばさせてくれないくらい非人道的な仕打ちなんですよ。(笑)

 

M字ハゲとO型ハゲって原因が違うからハゲ方が違うのか?

M字でもO型でもハゲる原因・理由は全く一緒です。

男性がハゲてしまう原因は遺伝子、男性ホルモン、生活習慣、頭皮環境などと色々と言われていますが、最終的にはヘアサイクルが乱れていき薄くなっていくんです。

ヘアサイクルが乱れるっていうのは、発毛・育毛と抜け毛の比率がどんどん悪くなっていくってことです。当然ですが、発毛・育毛のスピードよりも抜け毛の方が早くなればハゲていきます。抜け毛に発毛・育毛が追い付いていないという環境なわけですから!!

そして、ヘアサイクルの乱れの最終形態は毛根の死亡です。
こうなってしまうとツルッパゲの完成です。

MとOから話が脱線してしまいましたが、M字ハゲでもO型ハゲでもハゲる原因や理由は一緒ってこと!では、なぜMとOという分かれ道があるのか?ってことです。

管理人の調査ではハゲ方の違いは遺伝子という結論になりました。

遺伝子・・・もっと簡単に言うと人種の違いってことです。
要するに、欧米系はM字ハゲの人種、日本人はO型ハゲの人種なんです。

欧米系と日本人では白人と黄色人種といった人種に違いがあります。
人種の違いは顔や体などに大きく影響していますね。

欧米系(白人種)
鼻が高い、身長が高い、手足が長い、髪の毛が茶系、色素が薄い
日本人(黄色人種)
髪の毛が黒い、胴長・短足、肌がきめ細かい、腸が短い、長寿

ってな具合に両者を比較するだけでも容姿に違いがあります。
O型ハゲ・M字ハゲも同じようなことなんです。

M字ハゲ=欧米系(白人種)
O型ハゲ=日本人(黄色人種)

とは言っても日本人でもM字ハゲはいます。
今このページを見てくれているハゲ君はM字ハゲなのかもしれない。

おかしくないか?

でも、それは日本人でも身長が高い人はいるし、鼻が高い人がいるのと同じで、個々によって違いはあります。要するに、M字ハゲとO型ハゲは遺伝子による違いってこと!