頭頂部のハゲは別名でO型ハゲなんて言われています。
血液型の話じゃなくて、ハゲ型の例えです。

ハゲ型 別名・呼び名
M字ハゲ 「でこハゲ」「ひたいハゲ」「ハゲ際ハゲ」
O型ハゲ 「つむじハゲ」「頭頂部ハゲ」「てっぺんハゲ」
U型ハゲ 「むねおハゲ」「ハゲ最終形態」

なんていう別名があります。

日本人として多いハゲ型はO型orU型って言われています。

管理人のイメージではO型ハゲの方が断トツに多い気がします。というよりも、O型ハゲやM字ハゲが進行していってU型ハゲになっていくのだと思います。だから、U型ハゲは「ハゲの最終形態」っていう呼び名なんだと・・・

確かに、Uの字のように薄毛になっていく人もいますが数少ないです。

M字ハゲ O型ハゲ U型ハゲ
6648645 4465476 KC3A0669

※画像をクリックすると大きくなります。

こういったようにハゲでも人によってハゲ型が違うんです。
ちなみに、当サイトの管理人はキレイなO型ハゲでした。

管理人の周りだけで見ても、O型やM字ハゲを経由せずにUの字にハゲが進んでいる人はいません。

日本人はO型ハゲ(つむじハゲ・頭頂部ハゲ)から始まることが多い人種なので、気づかずに進行して言っているパターンがよくあるので、早めに気づいた人はラッキーだと思ってください。

管理人も不可抗力でしたが、つむじの薄毛を指摘されたことがきっかけで育毛を始めした。
ハゲ・薄毛は早く気付けば治る確率も高いですし、進行を遅らせることができます。

とにかく、薄毛やハゲは早く気付いて的確な育毛を始めるのがBESTなんですよ!

自分の頭頂部は大丈夫?「これってもしかしてハゲ?」「セーフ」

頭頂部のハゲってなかなか気づきにくいです。合わせ鏡でもしない限り見えないので、ほとんどの人が誰かの指摘で「マジで!?」ってなるんだと思います。

管理人もまさにそうでした。
指摘されてからは自分で写メで撮ったり、合わせ鏡で確認したり・・・
ここで初めて頭頂部ハゲを自覚します。(この時。かなり心にグサッときます。笑)

そして、次に思うのは

「これはまだまだ大丈夫なのでは?」
「これはギリギリ大丈夫だろ?」
「これくらいの人なら俺のほかにもいるのでは?」

簡単に言うと、自分の頭頂部の薄毛を認めたくないんです。

(これは管理人も歩んできた道なのでよくわかります。)

しか~し、ここで現実逃避をしても何も始まらないんですよ。
ということで、管理人が「これはハゲ」だと思うボーダーラインを紹介しましょう。

この指標がないと育毛を始めるきっかけを逃してしまうことになるので!
上記でも言いましたが、育毛を始めるのは早ければ早いほどイイんです。

頭頂部の薄毛シリーズ(ここからO型ハゲだと思え!!)

「まだ大丈夫だけど、放っておくと危険だよ」レベル

 b3d13195 78e48a3e P1020107_t

頭頂部でこのレベルだとまず自分で気づくことはないでしょう。というよりも、他人に指摘されるのもほとんどないと思います。しかし、頭頂部の薄毛は刻々と進行しているので、なんらかの育毛対策をとった方がいいです。この段階で気づけいて育毛剤を始めれたら、効果は早いと思います。

「これはヤバいよ・・・育毛剤使っとけ!!」レベル

 blog_import_516ed20b36ca9  20120424 130029151226150078

管理人はこれくらいのレベルの時に気付きました。僕の場合はこれよりちょっと進行しましたが、育毛剤や生活習慣の改善で治っていったので、このレベルの薄毛であればちょっと本気出して育毛を始めるとかなると思います。(僕の経験上)育毛剤と育毛シャンプーは必須でしょうね。

「誰が見てもハゲって言う」レベル

d9a60580 DSCF3221_convert_20110211111641 147199

これは誰がどう見ても頭頂部ハゲ・O型ハゲですね。管理人はココまで行ってませんが、一番ヤバい時でこれのちょい手前くらいまで薄くなっていました。ヘアスタイルで少しは隠すことはできますが、完全に頭頂部ハゲ行きコースに乗っているので、数年後にはハゲているでしょうね。でも、この段階でも育毛剤と生活習慣で改善の予知はあるので、諦めずに育毛を始めてみましょう。


以上が管理人が思う頭頂部ハゲ・O型ハゲ・つむじハゲのボーダーライン(基準)です。あくまでも、「管理人が思う」ですからね!!

でも、育毛なんて少しの薄毛で警戒しているくらいで十分だと思います。

「まだ大丈夫だけど、危険だよ」レベルでも、育毛剤を使い始める基準っていう男性もいるので、そういった警戒心が薄毛の予防や薄毛の改善に繋がっているます。

「昔と今ではつむじの大きさが違うような・・・」頭頂部の薄毛を早めに気づいたのは不幸中の幸い!!

tumujinoookisa

頭頂部の薄毛と”つむじ”の関係は深いです。

「このつむじ大丈夫?」 「昔よりもつむじが大きくなっているような。。。」 といった悩みはけっこーあって、yahoo知恵袋や2chなどでも「これってどうなの?」というようにネット民に意見を求める光景をよく見かけます。

頭頂部の薄毛が気になり始めた人は、まず”つむじの大きさ”を確認するほどですからね。

つむじの大きさは年齢によって変化する?

つむじは、頭皮の中でも唯一、血流が悪い部分になります。 血流が悪いスポットがあるから「つむじ」が存在しているってことです。 さてさて、勘が良い人はすぐに気付いたと思います。 つむじが大きくなっているということは、つむじ周辺の血流が悪くなっている証拠なんです。

髪の毛の栄養は血液からやってくる

なんどもikumoで紹介していますが、どんな人でも髪の毛の栄養(髪を成長させたり、生えさせたりする栄養)は血液に乗って頭皮まで運ばれてきます。 これにより、我々は髪の毛が生えてきて、成長していきます。 つまり、血流が悪い部分に髪の毛が生えないのは当たり前なんです。 これが”つむじ”というわけですね!

つむじが大きくなるのはハゲが進行している証拠

頭頂部の薄毛の予兆として「つむじが大きくなる」のは定番です。 ハッキリ言って、つむじが昔より大きくなってきている人は、ちゃくちゃくと頭頂部の薄毛が進行していると考えて間違いありません。 上記でも説明したように、つむじ周辺の血流が悪くなっている可能性大です。 頭頂部の薄毛はつむじ周辺から始まります。 いきなり頭頂部付近が薄くなっていくタイプもありますが、ほとんどの人は「つむじが大きくなる」という表現通り、つむじの際が広くなっていき薄毛が進行していきます。

つむじから薄くなっていくイメージ

「つむじが大きくなる」「つむじの際が広がっていく」というイメージを画像の加工してわかりやすく説明してみます。 頭頂部が薄くなっていくシュミレーションだと思ってください。

つむじ進化前

0.9

この状態でもつむじから薄毛が進行していきそうなのがわかると思います。 管理人から言わせると、頭頂部の薄毛が進行していってもおかしくないつむじの状態です。

つむじ進化~第一形態~

tumuji02

つむじの際(周り)が広がっていき、元々つむじがあった部分がどんどん薄くなっていきます。

つむじ進化~第二形態~

tumuji03

ちゃくちゃくとつむじの広がりが進行していきます。 普通にこの時点で頭頂部ハゲというレベルまで足します。

つむじ進化~第三形態~

tumuji04

つむじの広がりと、中心部の薄さは酷くなっていきます。 ”つむじの際が広がる”&”つむじ中心部がどんどん薄くなる”という二刀流で頭頂部ハゲは完成していくのです。

早めの対策が吉と出る

上記で紹介した進化前の写真(1枚目の写真)からもわかるように、なんとなくつむじ薄くなってきているのがわかると思います。

理想だとあの段階から育毛を始めるのが一番です。 育毛は早ければ早いほど改善率が高く、状況が悪化してから始めるとでは改善率・費用・改善にかかる時間が大きく変わってきます。

だからこそ、早めに頭頂部の薄毛(つむじの広がり)に気づけたことは不幸中の幸いなのです。 ツルツルになれば、改善率は皆無に近いと言っていいでしょう。 それほど、薄毛対策や育毛は早めの方が良いのです。

蛍光灯・太陽の光で頭頂部がスケスケ…これは薄毛の進行が始まっているのか!?

akarusa

頭頂部の薄毛はなかなか自分では気づかないものです。

単純に、自分の頭頂部を観る機会が少ないというのもありますが、それほど明るくないところだと気づきにくいっていうのもあります。

気づかない内に自分の頭頂部がスカスカ・スケスケというのは何とも恥ずかしいですからね。

蛍光灯・太陽の光は薄毛に見えやすい

蛍光灯や太陽の光などは白色の光で、頭皮までしっかりと照らしてくれるので、見方によっては薄毛に見えてしまうことがあります。

同じハゲでもフィールドによって全然違うんです。

フォトショップを使って蛍光灯と電球での違いを再現

フォトショップと言う写真加工ソフト(プロが使っているソフト)を使って蛍光灯の明かりと電球下の明かりの違いを再現してみました。

ちなみに、補正でこんな感じで変わります。

hikari

電球の下で撮ってしまい、くっきり映っていない写真を、ソフトを使ってかも蛍光灯の下(フラッシュあり)で撮ったように自然に加工できるんです。

これを頭頂部の薄毛の写真ででやってみたいと思います。 光の違いでどれだけ薄毛の見え方が変わるのか?ってことです。

明るい場所のパターン

keikoutou

頭頂部から前頭部にかけて薄毛が目立っていますね。

これは普通にハゲと言われるレベルです。こ

の写真がオリジナルで、おそらく蛍光灯の下(または太陽の光の下)で撮影しているものだと思います。 外出時や蛍光灯の下では、他の人にこのように見えているってことですね。

電球の下のパターン

denkyuu

全く同じ写真です。 蛍光灯(または太陽の光)の明るい光を加工して、電球や間接照明くらいの明るさに変化させただけで、こんなにも違います。 これだと薄毛・ハゲとはほとんどバレないと思います。

並べるとこんなにも違う・・・

tigai

今回はソフトを使って補正していますが、 実際に”蛍光灯・太陽の光”と”電球・間接照明”の下でも同じくらい違います。 薄毛にとって明るい光は敵なんです。 ハゲを隠している人限定ですが。。。(笑)

陽の下に行くと頭皮がスケスケ…日中ハゲが薄毛初期段階を暴く!!

hinositahage

ハゲとハゲではない境目ってフワフワしていてよくわからないですよね。

人によってハゲのボーダーラインって違うので、ますます明確なハゲの境目は分からなくなります。 そこで、管理人が発見したのが”陽の下ハゲ”です。

完璧な造語なので、説明しないとわからないと思いますが、 簡単に言えば「暗くてハゲがバレていない人」ってことです。

自分の顔・頭を見る時、ほとんどの人があまり明るくない場所だと思います。 そんな状況では初期段階のハゲを見落としてしまう恐れがあるんです。

陽の下ハゲはかなり厳しい採点

要は家の間接照明なんかでは、ハゲがかなり和らいで見えますよね?

しかし、日中に太陽の下で見ると「髪がスカスカで頭皮丸見え」っていう初期段階のハゲは多いんです。 もちろん、陽の下で見ると多くの人は頭皮が見えます。

しかし、初期段階のハゲだとその具合がハッキリわかるんです。

自分はハゲていないと思っている人も陽の下行くと、けっこー頭皮が見えて「大丈夫か?おい!」って思えちゃいます。そして、この段階で自分が初期段階のハゲなのでは?と気づくんです。

管理人の場合は間接照明の場面で「お前薄くないか?」と気づかれたので初期段階のハゲよりかは少し進んでいましたが、育毛剤を使った簡単な育毛ケアで何とか改善されました。

だから、陽の下じゃないとハゲ具合がわからない程度の人は”初期中の初期”という事なので、シャンプーをスカルプ系にしたり、頭皮の化粧水という感じで、刺激の弱い育毛剤を使うことで改善される可能性は高いんです。

蛍光灯の下で確認しよう

keikoutou

陽の下で自分の頭皮を確認するのはちょっと難しい…っていう人は、洗面台にある蛍光灯をつけて頭皮を確認しましょう。

蛍光灯は間接照明や電球よりも明るくて、頭皮がよく確認できます。 そんな明るい状況下で自分は「ハゲていないか?」を自分の目で確認しましょう。

ikumoでは何度も言っていますが、初期段階のハゲはかなりの高確率で改善へ向かいます。

それもかなり速いスピードで!!逆に、初期段階から進んでしまうと育毛の改善スピードが遅くなってしまいます。 そして、気づいたら手遅れっていうパターンも… だからこそ、薄毛予防は重要だと言われているんです。

でも、実際に自分が薄毛になってみないと本当の焦りをわからないのがハゲというものです。

管理人も実際に薄毛・ハゲになるまで、予防の重要性はサッパリわかっていませんでしたし。髪の毛がフサフサの内にハゲ予防に気を遣うというのはやっぱり難しい事なのかもしれません。

初期段階のハゲに気付いて焦り始めて、 育毛ケアを始めるくらいがちょうどいいのカモしれませんね。

【頭頂部に寝癖!?】意外と気づかないつむじ周辺の薄毛予備軍

xavier_2

頭頂部の薄毛ってなかなか自分では気づきません。

合わせ鏡をしない限り、自分では見る事はないでしょう。

基本的に頭頂部の薄毛が判明するのは、人に指摘されるか、なんらかのタイミングで自分の頭頂部(写真・動画など)を見た時ぐらいです。

一番多いのが、”人に指摘されて自宅に帰って合わせ鏡”っていうパターンだと思います。(管理人は正にこれです。笑)

初めは素直に認められないですが、ちゃくちゃくと焦りを感じだしてきて、薄毛のことについて調べだすのが、ハゲたくない男の行動パターンです。

頭頂部(つむじ)周辺の薄毛は判断しにくいっていうのも素直に認められない理由の1つかもしれませんね。

自分の頭頂部…これ寝癖!?もしかして、薄毛!?

頭頂部は寝癖やスタイリングによって薄毛がわかりにくくなります。

薄毛だと判断できるくらい頭頂部が薄い場合は、 かなり進行していると思ってください。

そして、髪の毛がの長さが10㎝前後の若干長め(ミディアム)の人は薄毛に見えるのでハッキリとは判断しずらいです。

基本的に長い髪だと頭頂部(つむじ)付近が薄く見えます。 髪質にも左右されますが、寝癖のような…薄毛のよう…な感じに見えてしまいます。

寝癖のように思えるけど薄毛のパターン

149507

一見、寝癖のように見えますが、これは頭頂部の薄毛の前兆・予兆です。

明らかに頭頂部だけ髪の量が少なく、髪質が細いです。

こういうパターンの人は遅かれ早かれ頭頂部が薄くなっていきます。

このまま放っておくと数年後には薄毛がかなり進行しているでしょうね。

20140118232513

なんとも微妙な感じですが、これも薄毛予備軍といった感じ。

まだまだ大丈夫だけど、”放っておくと頭頂部ハゲになる恐れアリ!!”なので育毛剤などで頭皮のケアを始めるべきですね。

147199

これは寝癖でも何でもありません。

普通に頭頂部ハゲです。

上記の2枚に比べてスカスカ部分が広いのが一目瞭然。 基本的に頭頂部の薄毛は、狭かった薄毛スポットが広がっていくように進行していきます。これで、育毛剤使っていないとダメならレベルです。

頭頂部の薄毛は育毛剤や頭皮のケアで、かなりの確率で防ぐことが可能です。

普通に誰が見ても頭頂部ハゲって人でもAGA治療薬(飲む育毛剤)のような医薬品を使えば、髪が生えてくる可能性が高い部類なのが頭頂部ハゲなんです。

当然、薄毛の進行具合によって、改善する確率、かかる費用、かかる期間は違います。

比較的に改善されやすい頭頂部の薄毛だからこそ、 早めに気づいて育毛対策を取るのがベストなんです。

管理人も頭頂部の薄毛でしたが進行が早いうちに見つれたの今はかなり改善しています。

頭頂部の薄毛なんて早く気付いて育毛対策をやった勝ち!!みたいなところがあるので、中年男性は早めに自分の頭頂部(つむじ)付近をチェックすることをオススメします。