a0002_000144「市販(薬局&ドラッグストア)で買える育毛剤でオススメはないものか?」

と管理人もよく聞かれることはあるが、市販で買える育毛剤でだけで言うならオススメは「リアップ」

おそらく知っている人もいるかもししれないが、リアップは医薬品として認可されている育毛剤です。

つまり、医療的にも使われている育毛剤ってこと!!

リアップはネットで買わなくても、薬局や少し大きなドラッグストアで売ってあります。むしろ、リアップ以外の育毛剤は本当にクソばかりなので、薬局やドラッグストア(市販)で買うのであればリアップ以外は興味本位でも買わない方がいいですよ。

リアップといえばミノキシジル(詳しく言うとこの育毛成分が医薬品として認可されている理由)が配合されている育毛剤としてネットでも有名な話。そして、リアップは商品名ではあるが、シリーズ物なので、リアップといってもいくつか種類があります。

リアップシリーズ紹介

riapusyodai商品名 リアップ(←初代リアップ)
内容量 60ml  120ml
価格 7,400円
成分 ミノキシジル1% etc
備考 1999年に大正製薬から販売された日本初のミノキシジル1%を含んだ育毛剤。


z10052_300商品名 リアッププラス
内容量 60ml
価格 5,500円
成分 ミノキシジル1%、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール etc
備考 ミノキシジルにほかの育毛有効成分を加えて2008年に販売された。


riapux5商品名 リアップX5
内容量 60ml
価格 7,400円
成分 ミノキシジル5%etc
備考 ミノキシジルを従来の1%配合から5%までアップ。2009年に販売される。


riapujet商品名 リアップジェット
内容量 100ml
価格 3,990円
成分 ミノキシジル1% etc
備考 頭皮に直接押し当てて噴射するジェット式エアゾール剤。2012年発売。

 

リアップといってもこれだけの種類が販売されています。

リアップには副作用があるので買う前に要注意!!

a0444f050daad767d3431c66b54e8963_300_300リアップにはミノキシジルと言われる強い働きをもっている成分が含まれているので人によっては副作用が表れる危険性があります。

ミノキシジルと呼ばれている成分は元々、血管拡張効果がある高血圧の人が処方される薬で使われています。

当初のミノキシジルは高血圧症の患者だけに投与する薬だったのですが、ミノキシジルを服用している男性に副作用として体毛が濃くなる多毛症が発生したことから育毛剤にも使われるようになりました。

高血圧症の患者には内服薬としてミノキシジルが使われていました。しかし、リアップの場合だと塗薬として使われていますが、外用薬としても毛が生えてくる効果は十分にあります。言い換えれば、塗薬でも副作用はバッチリあるってことです。

そもそも医薬品になっているくらいなので、発毛や育毛の効果は国や医療が認めているってことですからね!!

ミノキシジルに多い副作用(多い順)

①頭皮のかゆみ
②頭皮の炎症・湿疹・脂漏性皮膚炎
③眠気、倦怠感、頭痛、動悸

この他にも大正製薬では記載されていない例で「心臓がチクチクする」「むねやけ」「呼吸が荒くなる」といった副作用も多くのところで言われています。

これマジで怖いですけど、、、

 

リアップ使用者は今までで3名の死亡者をだしています。かなりニュースになっていたので有名な話ですが、この死亡の原因がリアップに含まれているミノキシジルによる循環器疾患・心臓病という副作用。

厚生労働省の公式サイトでその情報がアップされていました。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/07/dl/s0706-2o.pdf

厚生労働省が認可している医薬品ですから、死亡事故があれば販売中止になると思うので、リアップ(ミノキシジル)だけが原因で発生した死亡事故ではないのかもしれません。

ミノキシジルの内服薬も海外ではありますが、これに関してはマジで危険なので医師の処方や診断なしには服用しない方がいいですよ。

少なからず副作用はあることを理解しておきましょう。

医薬品だから大丈夫っていう考えが一番危険なのかもしれません。管理人の知り合いにはリアップを使ってハゲが進行したっていう人もいるので、どんな育毛剤でも当人に合う合わないはあるみたいです。