「育毛剤」と効くとハゲを治すための商品として知っている人は多いと思います。
ハゲてる人、ハゲてない人、女性でも知っていると思います。

育毛剤と似た言葉に「養毛剤」「発毛剤」という言葉もよく耳にしますし、目にすると思います。

管理人も育毛を始める前はサッパリ理解していなくて、全く一緒のモノを言葉を変えて言っているだけだと思っていました。

しかし、調べてみると“育毛剤”と”養毛剤”と”発毛剤”は全然違うんですよ!!
全くの別物です。

結論から言うと商品の分類が違うんです。

呼び名 分類
育毛剤 医薬部外品
発毛剤 医薬品
養毛剤 化粧品

というように、区別されているんです。

こういう風に区別されているのは薬事法による取り締まりらしいです。
いわゆる、管理している管轄が違う似た商品みたいな感じです。

 

“育毛剤”と”養毛剤”と”発毛剤”の解釈と概要

管轄が違うと上記では言いましたが、商品としての効果や効能(謳い方)も違います。
ネックになるのは「薬」っていう文字の部分です。

育毛剤=医薬部外品、発毛剤=医薬品、養毛剤=化粧品ですから、
「薬」が使われているのは育毛剤と発毛剤の2つです。

ikumoでも「医薬品の育毛剤」「医薬部外品の育毛剤」という表記をしていますが、これは観覧者が混乱しないようにあえてそういう言い回しにしています。

正式には
発毛剤=「医薬品の育毛剤」
育毛剤=「医薬部外品の育毛剤」
になります。

 

とは言っても育毛剤という言葉が世の中に浸透しすぎているので、「医薬品の育毛剤」と「医薬部外品の育毛剤」という解釈でいいと思います。AGA治療の医師でも育毛剤って言うみたいですから…

育毛剤

puranteru薄毛の改善や予防に良いとされている成分を含んでいる商品で、薄毛治療(AGA治療)にも使われています。比較的に緩やかに効果や効能が現れて副作用の心配が少ないもの。治療として用いられることもありますが、治るという明確な表記はできません。

発毛剤

R0014494_s2薄毛の改善や予防に良いとされている成分を含んでいる商品で、医師の診断の元(薬剤師も含む)処方されるため薄毛治療(AGA治療)の第一線で活躍している”薬”になります。強い効果・効能・作用がありますが、その反動として副作用も多く見られます。発毛剤(医薬品)を使うのであれば医師の診断のもと処方されることをオススメします。

養毛剤

aroe薄毛の改善や予防に良いとされている成分を含んでいる商品で、頭皮や髪の毛をキレイに、健やかに保つためのものです。コンビニやドラッグストアでも販売されていますし、大手化粧品メーカーが販売していることが多くあります。予防や保持といった効果・効能があり、副作用の心配がほとんどありません。

 

これらに似た言葉で「育毛トニック」があります。

育毛シャンプーの商品でも別名で育毛トニックと呼ばれますし、
育毛剤でも育毛トニックと呼ばれることがあります。

育毛トニックについて明確な答えはありませんが、管理人の中では育毛剤の別名という位置づけです。育毛トニックに関しては深く考えずに育毛剤として捉えても問題ないと思いますよ。