食品や化粧品などでお馴染みの「無添加(オーガニック)」。

最近ではよく耳にするフレーズだと思います。

育毛剤でも無添加の流れが来ていて、多くの育毛剤が「無添加」を口にしています。

さて、今回はこの「無添加」というものが、「薄毛対策や育毛剤にとってどれほどメリットがあるものなのか?」というものを紹介したいと思います。

また、こだわりを押し通すほど無添加に価値があるのか?

これを育毛剤の成分と照らしあわせて調査してみたので紹介します。

まずは、少しばかり無添加について知っておく必要があるので、無添加の実態を知ったうえで育毛剤と無添加の関係を紹介します。

無添加について

「これは無添加!」と言われると、とても響きが良いフレーズに聞こえます。

安全で自然や天然を連想する言葉というイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、実際は「無添加」の一言で安心や安全と伝えれるほどの力はないんです。

それでは無添加の実態について紹介していきましょう。

無添加(添加物)とは?

添加物とは防腐剤、着色料、香料といった、その商品を良くするために人工的に商品に加えるものになります。

無添加というのは、そういった添加物を使用していない時に使う表現です。

※オーガニックや自然・天然由来なども無添加と同じような意味合いで使われています。

無添加は食品、化粧品、育毛剤などにも使われているフレーズですが、この「無添加」と表現はとても曖昧なもので、実は「ある〇〇という添加物が入っていない」っていうだけで、使ってもOKなんです。

「無添加」の一言だけで安心するのは大馬鹿者

例えば、
A商品(防腐剤を含んでいるが、着色料は使っていない)
B商品(着色料は含んでいるが、防腐剤は使っていない)
という2つの商品があったとします。

実は、A商品とB商品はどちらも無添加の商品になります。

A商品の場合は着色料が入っていないから無添加。

B商品の場合は防腐剤が入っていないから無添加。

無添加とはたったこれだけの緩い意味合いで使えるフレーズなんです。

つまり、無添加は添加物が一切配合されていない商品を表した言葉ではありません。

だから、無添加という言葉だけで自然・天然由来、安心で安全といった印象を持つのは大きな間違いなんです。

なぜここまで添加物は悪者になっているのか?

無添加が世に浸透しすぎて、”添加物を使わないことが正義。添加物を使うことが悪”という印象を持っている人も多いと思います。

この背景には過去に添加物によるアレルギー症状などを訴えた人が多くいるからと言われています。

  • 商品をより長く保存させるため
  • 成分の品質を向上させるため
  • 香りを良くして気に入ってもらうため
  • 色を着けて見た目を良くするため

という目的の為だけに多くの添加物が過去に日本の食品・化粧品・医薬部外品に使われていたんです。

そういった訴えもあり、過去に使われてアレルギー症状などが現れた添加物を旧厚生省がリストアップし、商品表示を義務付けています。(現在は商品の全成分表示が義務付けられています。)

※旧表示指定成分についはコチラのサイトが参考になります。

こういった背景があって、添加物は悪で無添加こそ正義という印象が植え付けられているんです。

無害でアレルギー報告がない添加物もたくさん存在しているのに、一色単にして添加物を悪に位置づけているのが現実です。

”無添加”育毛剤の魅力(無添加のメリットは何?)

さて、無添加について少しはお勉強したところで、いよいよ本題の無添加の育毛剤について紹介したいと思います。

無添加やオーガニックの流行によって育毛剤も無添加を謳っている商品が多くなってきています。

しかし、上記で説明したとおり、無添加とはとても曖昧で不透明な表現です。

無添加の育毛剤でも成分を見てみると、色々な添加物が含まれているのが実態です。

それでも、無添加の育毛剤が購入されているにはきちんと理由があります。

無添加の育毛剤はアレルギーが出るリスクが低い

上記でお伝えしたとおり、無添加であるメリットは添加物によって現れるアレルギー症状のリスクを低くすることです。

育毛剤の添加物には防腐剤、界面活性剤、香料、着色料などが使われることが多くあります。

無添加の育毛剤はこういった添加物が使われていません。

もちろん、防腐剤、界面活性剤、香料、着色料の中で1つでも使っていなければ、無添加になるので成分表を見て判断しないことには明確にはわかりません。

無添加でない育毛剤よりも無添加の育毛剤の方が添加物によって痒みや発疹といったアレルギー反応が現れるリスクは低くなります。

無添加の育毛剤は副作用の配慮がある

添加物が嫌われる背景は過剰に添加物が使われていたり、とても作用の強い添加物が使われているからです。

しかし、このご時世にそんな添加物を使っている育毛剤はほとんどありません。(中には怪しい育毛剤もありますが、、、)

いわば、多くのメーカーが消費者と同様に添加物に対して注意を払っているんです。

そんな中で無添加と表記しているわけなので、その育毛剤自体がアレルギーなどの副作用症状をかなり配慮しているということ。

管理人の調査でも「無添加」と謳っている育毛剤は成分表を1つ1つチェックしても、安全性が高い添加物を使用している傾向にありました。

セールス目的だけで無添加と使用しているわけではありません。(怪しい育毛剤だとわかりませんが、、、)

ネットが普及している現在では無添加と名乗って、実際に成分を配慮していないと口コミサイトや掲示板なので吊るしあげられる時代ですからね。

そういった意味でも無添加と表記している育毛剤は副作用や安全への配慮は高いと思っていいでしょう。

育毛剤に配合されている危険な添加物

このご時世では、ほとんどお目にかかることはないと思いますが、育毛剤に配合されていると躊躇した方がいい危険な添加物を紹介します。

危険と言っていますが、添加物によるアレルギー症状などは副作用と呼べるほどのレベルではありません。

育毛剤に使われる防腐剤

育毛剤に使われている防腐剤(保存料)は育毛剤が腐らないために含まれています。

「育毛剤が腐る?」と疑問に思いますが、食べれる食べれないレベルの腐敗ではなく、含まれている育毛剤の有効成分効果が最大限に発揮されるか否かというための防腐剤です。

有効成分の効果を保つための添加物が防腐剤になります。

しかし、過去に防腐剤によってアレルギー報告もあるので、その育毛剤が防腐剤としてどんな添加物を使用しているのかは重要です。

それでは、アレルギー報告のあるコレが使われていたら躊躇した方がいい防腐剤をピックアップしてみましょう。

・パラベン
一昔前の育毛剤の防腐剤として定番の添加物です。とても強い「菌の増殖を抑制する作用」がありますが、その強い作用が皮膚(頭皮)が敏感の人にアレルギー症状があると報告されています。

育毛剤に使われる界面活性剤

界面活性剤とは簡単に言うと、成分と成分の境界面に立って、その成分同士を連結してくれる添加物です。

この働きによって、異なる成分や物質が交じり合わることなり、成分や物質自体の効果や作用を強くなると思ってください。

界面活性剤は添加物の中でも”極悪”とイメージしている人は多いと思います。

シャンプーやトリートメントなどには必要不可欠な添加物ですが、強力な界面活性剤が薄毛や頭皮環境悪化を促しているとも言われています。

確かに、シャンプーなどでは比較的に強い界面活性剤が使われています。しかし、育毛剤ではシャンプーやトリートメントほど強力な界面活性剤が使われていることはほとんどありません。

育毛剤に関して言えば、含まれている量も少ないので、界面活性剤をそこまで警戒しなくても大丈夫ですよ!

・ラウリル硫酸Na
シャンプーでよく配合されているアニオン系と呼ばれる界面活性剤。強い洗浄力と泡立ちを良くする働きがあるため、刺激性が強く、敏感肌・乾燥肌の人などは痒みなどのアレルギー症状がでることがあります。
・ラウレス硫酸Na
とても洗浄力が強い界面活性剤の1つ。ラウリル硫酸Naと同等の刺激性があるため、アレルギー症状の報告が多くあります。

育毛剤に使われる香料

文字通り、育毛剤に香りを着けるために配合される添加物です。

香料によって「育毛剤を使っていることがバレる」という意見もあり、最近の育毛剤ではほとんど使われていません。

多くの育毛剤で無香料となっているはずです。

中には香料を添加している育毛剤もありますが、そのほとんどがメントール(メンソール)で、昔のように「THE 育毛剤」と思えるような匂いがしないものが主流になっています。

香料の種類によってアレルギー症状は大きく変わってきますが、メントールは比較的にそういった問題が少ない香料添加物の1つです。

香料は大きく別けて天然香料、合成香料の2つです。この2つをブレンドして作られる調合香料を合わせると3つになります。

基本的に香料にはコレといった躊躇するレベルの添加物はありません。

合う人、合わない人がはっきりでる添加物と言えます。なので、コレばかりは使って見ないとわからないというのが事実です。

香料について警戒するのであれば、無香料の育毛剤を選ぶしかないでしょう。

育毛剤に使われる着色料

これは添加物の中でもよく聞く名前だと思うので、知っている人も多いはず。

ずばり、色を着けるために使われる添加物成分です。

着色料によってアレルギーを起こす人も少なからず存在していますが、アレルギー体質でなければそこまでビビる必要はありません。

昔は着色料が含まれた育毛剤もありましたが、今となっては着色料が配合されている育毛剤は極まれです。

ほとんどの育毛剤が無着色の商品だと思っていいでしょう。

・タール系合成色素
ウコンやカラメルなどから作られている「天然色素」と石油から作らている「タール系合成色素」。アレルギー症状が起こりやすいのはタール系合成色素になります。